Jim Caviezel Fan JP

Jim Caviezel Fan JP

ジム・カヴィーゼル鑑賞日記

ジム・カヴィーゼル 出演作一覧

The Ballad of Lefty Brown (2017年 米国公開予定) 

Jo, the Medicine Runner (2017年 米国公開予定)

パーソン・オブ・インタレスト シーズン5 (2016)

パーソン・オブ・インタレスト シーズン4 (2015)

コーチ・ラドスール 無敵と呼ばれた男 (2014)

大脱出 (2013)

パーソン・オブ・インタレスト シーズン3 (2013)

パーソン・オブ・インタレスト シーズン2 (2012)

トランジット (2012)

パーソン・オブ・インタレスト シーズン1 (2011)

リズナー NO.6 (2009)

ロスト・ウィークエンド (2008)

The Stoning of Soraya M. (2008)

アウトランダー (2008)

デジャヴ (2006)

unknown/アンノウン (2006)

プライド・オブ・マディソン/栄光への挑戦 (2005)

ファイナル・カット (2004)

ボビー・ジョーンズ ~球聖とよばれた男~ (2004)

パッション (2004)

ハイウェイマン (2004)

アイ・アム・デビッド (2003)

ハイ・クライムズ (2002)

モンテ・クリスト-巌窟王- (2002)

エンジェル・アイズ (2001)

ペイ・フォワード (2000)

オーロラの彼方へ (2000)

楽園をください シビル・ガン (1998)

シン・レッド・ライン (1998)

G.I. ジェーン (1997)

ザ・ロック (1996)

モンキー・リーグ/史上最強のルーキー登場 (1995)

Children of the Dust (1995)

Murder, She Wrote - Film Slam (1995)

77 Sunset Strip (1995)

ワイアット・アープ (1994) 

 

 

 


Blue Chips (1994) [日本未公開/VHSのみ]

米大学バスケットボール界の黒い裏側を垣間見ることができる社会派ドラマ。主演のニック・ノルティが熱い。ジム・カヴィーゼルはバスケ選手のエキストラとして出演。日本では「ハード・チェック」のタイトルで VHS 化された。DVD は発売されていない。

あらすじ

ウエスタン大学のバスケット・チームのコーチ、ピート(ノルティ)の今シーズンは散々たる結果で終了した。過去に輝かしい成績を残しているこのチームをなんとかするにはスター・プレイヤーが必要と考えたピートは、新人発掘のために各地の高校などを尋ね、3人の若者を見つけ出す。しかし彼らの親や本人達はトラクターだの新しい家が欲しいなどとあれこれ条件を出してくる。ピートは人身売買のようなこの習慣を嫌い、何とか買収ナシで大学入りを説得しようとするのだったが背に腹は替えられず、遂に彼らの条件を飲んでしまう。そして大学入りした3人は期待通りの活躍を始めるが、ピートは自分の行った行為に苛まれ続けていた。おりしも彼が育てた選手の八百長疑惑が発覚してしまう……。

映画 ハード・チェック - allcinema

IMDb

www.imdb.com

本編クリップ

www.youtube.com

Amazon

ハード・チェック(字幕スーパー版) [VHS]

ハード・チェック(字幕スーパー版) [VHS]

 

 

鑑賞日記: ミッドナイト・スティング (1992)

今回の鑑賞作はこちら。

天才詐欺師 meets ボクシング。「ロッキー」と「スティング」を混ぜた雰囲気。友情あり、裏切りあり、悲劇あり。終盤で二転三転するストーリーが面白い。八百長賭博で荒稼ぎする悪役ギリオン(ブルース・ダーン) が本当に底意地が悪くていい。なかなか楽しめる娯楽作。

ジム・カヴィーゼルの演じたビリー・ハーグローヴは、ギリオンの手下の位置付け。一味が入り浸るプール・バーでビリヤードする姿、ギリオンが用意する10人のボクサーの一人としてリングに立つ際のグローブやヘッドギアを装着した姿が見られる。

ミッドナイト・スティング (1992)

ジェームズ・ウッズ、ルイス・ゴセット・ジュニア、ブルース・ダーン… 錚々たる中年メンバーが頭脳と身体で熱く戦う作品。ジム・カヴィーゼルはボクシングの賭け試合に出場する10人のボクサーのうちの一人、ビリーの役で出演。日本版は VHS のみ。海外版であれば DVD

あらすじ

ウィンフィールド刑務所に服役中の天才詐欺師ガブリエル・ケイン(ジェームズ・ウッズ)は、ボクシング博で億万長者になったジョン・ギリオン(ブルース・ダーン)の話を聞き付ける。彼は名ボクサー、チャールズ・メイカム・ディッグズ(ウィルヘム・ボン・ホンバーグ)の最後の試合で、自分がマネージャーをしていながら、相手選手に大金を賭けて勝ったのだ。ケインは仲間のフィッツ(オリヴァー・プラット)に指示を出し、出所と同時に行動を開始、言葉巧みにギリオンに接近した。ケインはギリオンに、10人のボクサーを相手にしても、ハニーロイ・パマー(ルイス・ゴセットジュニア)なら勝てると豪語し、10対1の賭けの勝負を承諾させた...

ミッドナイト・スティング : 作品情報 - 映画.com

IMDb

予告編 (日本語字幕なし)

Amazon

ミッドナイト・スティング [VHS]

ミッドナイト・スティング [VHS]

 
Diggstown

Diggstown

 

鑑賞日記: "The Wonder Years – HERO" (1992) [日本未放送]

今回の鑑賞作はこちら。

高校のバスケ部の花形選手ボビー・リドル役として出演したジム・カヴィーゼル。大学2年目で足を痛めるするまでずっとプロ選手を目指してバスケに注力してきただけあり、美しいフォームでシュートを決めまくり。背が高いのに動きが素早くて小回りも利く。シュートする時の手つきも見どころ。肩から腕にかけての筋肉やハリのあるおしりまで楽しめる。キュッキュッと鳴る床の音、学校の体育館を思い出して懐かしい。久々に 「スラムダンク」 を読み返してみたくなったりもする。

ドラマの主人公ケビンにとって憧れの選手だったが、試合に敗れた後で励ましの言葉をかけてくれた彼に冷たい態度をとるボビー。ケビンにとって真のヒーローは彼ではなく、もっと身近なところに常にいてくれる父親だった… という心温まるエンディングを盛り上げるのに貢献した。

The Wonder Years – HERO (1992) [日本未放送]

米 ABC 制作のホームドラマ The Wonder Years (日本ではいくつかのシリーズが「素晴らしき日々」として教育テレビなどで放送された) の HERO (シーズン5 第17話) というエピソードに、ジム・カヴィーゼル高校バスケ部の花形選手ボビー・リドル役で出演。

以前は VHS しか入手できなかったが、なんと2016年に全シリーズが DVD-BOX 化された。ジムの華麗なバスケ姿に興味のある人は、是非 DVD で確認してみてほしい。

IMDb

Clip

Amazon

Wonder Years: Season 5 [DVD] [Import]

Wonder Years: Season 5 [DVD] [Import]

 

 

鑑賞日記: マイ・プライベート・アイダホ (1991)

今回の鑑賞作はこちら。ジム・カヴィーゼルの映画デビュー作。

ガス・ヴァン・サント監督、こんなに若い頃から瑞々しさ溢れる映像で若者たちの生きる姿を伝える手腕を発揮していたとは驚き。もし他の監督が撮ったら陰鬱で残酷な雰囲気になりそうな場面も、どこか遠くから非常に客観的に、でも監督の心の底にあると思われる 「人間」 という生き物に対する深い愛情でもってどんな人物像をも柔らかく温かく包み込んで描いてくれる、大好きな監督。

ジムはそんな監督の作品で俳優としてのスタートを切っていた。「航空会社職員」 という役名だったので、少ししか出ないのだろうとは予想していたものの… 出演時間はなんと約 5 秒! アリタリア航空風のロゴの入ったカウンターでチェックインを担当する職員としてチラッと登場するのみ!

20年以上も前だから若くて当たり前ながら、あまりにも若くて初々しくて、画面越しに見ているコチラが照れくさくなるほど。キリッとした眉、パッチリした瞳、シュッとした鼻筋は今とまったく変わらず。